ishiyama 2010年04月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

エロス

エロス

エッチな色って何色ですか?
なかなか興味をそそられるコラムのタイトルを発見。

中身を抜粋するところ国で違うとのこと。
日本はすぐ頭に浮かぶピンク。

アメリカは青。
英語のblueには憂鬱な・猥褻の意味が含まれ
エッチな映画はblue film、下ネタはblue jokeとのこと。

中国は黄色。
中国語で黄色には堕落・猥褻などのネガティブな意味があり
「黄色電影」でアダルト映画、
「黄色書簡」はエッチな本を意味するとのこと。

これはなかなか以外である。
中国の皇帝や僧侶などを表す色として確か黄色?
だったような記憶もあるのだけれど
間違っていたのだろうか・・・。
まあ、色々な解釈はあるんだろうね。

その他として(英会話の外国人に聞いたところらしい)
スペインでは緑。
フランスは白。
アメリカは世代によって赤・青・緑・・・バラバラ(笑)

日本人の僕としては黒も
なかなかエロイ色かと感じます。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/21 20:43 | デザインCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

in HAKONE



1泊2日で箱根温泉旅行に嫁と行ってまいりました。
関東に出てきて初の旅行です。

で、道中「彫刻の森」というところを発見。
ピカソの作品群が多数置いているとのこと
そりゃ見ておかなければということで
巻きスケジュールながら寄ってきました。
ピカソ・・・。ぶっとんでるなと。
不思議な感覚ながら感動しました。
途中経過とかも見れるものがあって
かなりのトライ&エラーの繰り返しが見てとれました。
中の写真は、撮影禁止との張り紙があったので
外観の一部でパチリと撮影しときました。

お天気は曇っていたので富士山は残念ながら見れずだが、
ピカソ、温泉、渡辺ベーカリー、工芸等楽しい旅行でした。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/19 12:39 | デザインCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP



30歳...。
クリエイティブという名の下に
10年前は何も見えてなかったものが
見えてくる年齢なのだろうなぁ。と
しみじみ思う(僕しじみ)。

東京に行って一旗あげるんだ~というもの。
独立せねば~ならんというもの。。
代理店最強というもの。
このままでは食っていけんから、別の仕事を検討するもの。
将来したいことを見据え人事異動するもの。
フリーランスっぽく動くもの。
じっと我慢しているもの。

確かに若いのかどうかよくわからない年齢ではある。
ボスでも下っ端でもない年齢層。
無茶はできないかもしれないし
できるかもしれない。
今できることを精一杯やって
積み重ねていくしかないのだろう。

ビール会社のCMのナレーションで
「大人とは?」
「覚悟」
といっていた。
ふーむ、そやなぁと。
いろんな意味での覚悟が必要かもしれない。



それはさておき
ブログってこんなコメント少ないものなのかね?

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/13 14:53 | デザインCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

日本

日本

休みの日に何してるの?と思われそうだが
最近の時事ネタより
ふと思った疑問について書いてみようと思う。

「立ち上がれ日本」
自民党に所属していた方が
なんだか離党して
自分たちのアジェンダ(政策課題らしい)のもとに
新しい党を立ち上げましたとのこと。

そのこと自体はまあ国を憂いてや、
自分の居場所を確保するためだと思うので
ふーんてな話ではあるのだけれど。

今更ながら気になったのは
「日本(にっぽん)」という読み方。

ウィキペディアで調べたところ
「にっぽん」、「にほん」と読まれる。
日本政府は正式な読み方を明確に定めていないが、
「にっぽん」「にほん」どちらの読み方でも良いとしている。
雅語では「ひのもと」と読むことがある。

↑ふんわりしてるなぁ。国の読み方なのに。笑
過去(昭和9年)に国号呼称を「JAPAN」を廃して「 NIPPON」に統一する
という動きもあったようです。
紙幣や切手などの海外と関連するものはほとんど「NIPPON」表記だという。
ふーむ。かちっと決めつけないふんわりした
取り決めが日本らしいのかもねえなんて思います。

少しおもしろかったのが
過去の読み方として
日本(ヤマト)→日本(ニッポン)→日本(ニフォン)→日本(ニホン)
という大まかな流れらしい
ニフォンって。

ネーミングについても最近勉強していたりするが
「ニッポン」が破裂音を含む心地よい響きとして
定着しやすいのかなぁとか思ったりした今日この頃でした。

PS.ゴールデンウィークは大阪に帰りますので
休みの方は相手してね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/11 14:00 | 暮らしCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。