ishiyama デザイン
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

街の看板

看板

昨日六本木の某クライアントに打合せに
行った帰りに、ふと看板を見ると
?っと思わせられた。

この看板おそらく広告枠が空いていて
広告看板主が掲載しませんかというのを
番号だけで事務的に告知していたものだと思う。たぶん。
ただ東京・六本木で一等地でこんなもんを見たもんだから
一瞬、新しいティザー的な広告かしらと思ってしまった。

この?んって感じ、大切だなと。
なにかしらヒントになり得るなと。
このドシンプルでただの投げっぱなしな感じの広告も
手法としてあるべきだろうなぁと
わちゃわちゃとくどい広告がたくさんあるなかで
恐ろしくなげっぱなしな広告があれば
それは表現を超えて、目立つ広告になり得ると思う。

ただそんなことにトライし高い広告費を捻出してくれる
男前なクライアントはなかなかいないか。
そんなこんな今日このごろ。

スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/02/05 21:25 | デザインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ビデ

ビデ

写真は我が家のウォシュレットである。
停止、おしり、ビデ、乾燥・・・。
ビデのマークはなんだこれ?と
そもそも男子にはビデ自体が無縁ではあるが、
逆に気になるぞと。
もやもや~っとしたマークは
女性のあの辺をさしえているのか
はたまた、サザエさん的なおばはんパーマを
さしているのか。
もしこのピクトデザインの依頼が来たとしたら
それは難題ではあるとは思う。
が、これではわからんだろうとは思いつつ、
女性はこれを見てなんとなく空気を読むんだろうか。

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/02/05 21:23 | デザインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

授業

授業

今やっているクライアントで
学習塾の年間使用分の撮影がこのあいだあった。
まあ、年間で使用することを想定しているから
カット数は尋常ではない数になっていた。←選別したもので8,000枚!
まあ、それはさておき、その撮影での出来事。
塾の撮影の以上、授業シーンの中で
笑っていたり、真剣に聞いていたり、
まっすぐ手を挙げていたりするんだけど
その子供たち(事務所に所属している子役たち)の
表情を引き出すだめに四苦八苦するわけです。

リアルな先生がいるときは問題ないんだが、
いなくなってから色々な表情を出すために
先生になりきって撮影のディレクションとは別に
授業らしきものを演じるわけです。
慣れている先輩ディレクターが
なんか自分の得意分野らしき、子ども受けよさそうな
宇宙とかアニメのトリビアみたいなことを授業風にするわけです。

でっ、次は石山先生でっていう流れで無茶ぶりされまして
聞いてねぇ~と。前出て話すのがそもそも嫌なのに
しかも子どもとなるとそれはそれは難しかった。

知っているデザイン雑学みたいなものをやってみるも。
まあ、イマイチの盛り上がり。悲しかったなぁ。
う~ん。授業って難しんだなぁ。と。

しかし、興味・喚起ということでは
プレゼンテーションも同じはず。できなければいかんなぁと。

先生ってすごい。と感心しつつ来年度は子ども受けするような話を
準備していこうと思った今日この頃です。

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/02/05 21:22 | デザインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

in YOKOHAMA1

yokohama2


3連休を利用して横浜に初めて行ってきました。
まあ、鬼のように暑かったけど
中華街の雰囲気らしきものは味わえたかな。
個人的には横浜の中華街よりも
神戸の南京町の方に軍配をあげたくなりますなぁ。

で、今回掲載している
花文字というものを書いていただきました。
テレビでもちらほら見ていたので気にはなっていましたが、
中国の伝統文化とのことですが
3,150円かぁ~ちっと高いんだろうか。


風水やら、絵の意味合いもさっぱりわかりませんが
パンダ出現率多いね~。笑。
まぁ、3千円で家内安全が買えれば
御の字でしょうか。

そんな横浜1日目でした。

※掲載分は縦書きに書いてもらったものを
 横書きに配置しなおしたものです。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/07/20 20:28 | デザインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

エロス

エロス

エッチな色って何色ですか?
なかなか興味をそそられるコラムのタイトルを発見。

中身を抜粋するところ国で違うとのこと。
日本はすぐ頭に浮かぶピンク。

アメリカは青。
英語のblueには憂鬱な・猥褻の意味が含まれ
エッチな映画はblue film、下ネタはblue jokeとのこと。

中国は黄色。
中国語で黄色には堕落・猥褻などのネガティブな意味があり
「黄色電影」でアダルト映画、
「黄色書簡」はエッチな本を意味するとのこと。

これはなかなか以外である。
中国の皇帝や僧侶などを表す色として確か黄色?
だったような記憶もあるのだけれど
間違っていたのだろうか・・・。
まあ、色々な解釈はあるんだろうね。

その他として(英会話の外国人に聞いたところらしい)
スペインでは緑。
フランスは白。
アメリカは世代によって赤・青・緑・・・バラバラ(笑)

日本人の僕としては黒も
なかなかエロイ色かと感じます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/21 20:43 | デザインCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

in HAKONE



1泊2日で箱根温泉旅行に嫁と行ってまいりました。
関東に出てきて初の旅行です。

で、道中「彫刻の森」というところを発見。
ピカソの作品群が多数置いているとのこと
そりゃ見ておかなければということで
巻きスケジュールながら寄ってきました。
ピカソ・・・。ぶっとんでるなと。
不思議な感覚ながら感動しました。
途中経過とかも見れるものがあって
かなりのトライ&エラーの繰り返しが見てとれました。
中の写真は、撮影禁止との張り紙があったので
外観の一部でパチリと撮影しときました。

お天気は曇っていたので富士山は残念ながら見れずだが、
ピカソ、温泉、渡辺ベーカリー、工芸等楽しい旅行でした。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/19 12:39 | デザインCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP



30歳...。
クリエイティブという名の下に
10年前は何も見えてなかったものが
見えてくる年齢なのだろうなぁ。と
しみじみ思う(僕しじみ)。

東京に行って一旗あげるんだ~というもの。
独立せねば~ならんというもの。。
代理店最強というもの。
このままでは食っていけんから、別の仕事を検討するもの。
将来したいことを見据え人事異動するもの。
フリーランスっぽく動くもの。
じっと我慢しているもの。

確かに若いのかどうかよくわからない年齢ではある。
ボスでも下っ端でもない年齢層。
無茶はできないかもしれないし
できるかもしれない。
今できることを精一杯やって
積み重ねていくしかないのだろう。

ビール会社のCMのナレーションで
「大人とは?」
「覚悟」
といっていた。
ふーむ、そやなぁと。
いろんな意味での覚悟が必要かもしれない。



それはさておき
ブログってこんなコメント少ないものなのかね?

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/13 14:53 | デザインCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

赤の人

赤の人

赤の人ご存知でしょうか?

大阪南船場の赤い建物でピンとくる方は
わかるでしょうか。
浜崎健
現代アート/パフォーマンス・・・。ふむふむ。
でこの方簡単にまとめると
赤の人。
そして浜崎健立現代美術館というのを構えておられるようです。
健立って・・・笑(まあ、置いておいて)
10年ほど前から南船場を拠点に活動しているようです。
大阪にいるときは知りませんでした。
今の職場のボスが知り合いなようで小耳に挟みました。


http://www.kenhamazaki.jp/index.htm
↑ホームページ見てたら目が少しやられますが、
なんか一度行ってみたいかもです。
五木田智央やらが個展してたりするみたい。

大阪にいる方
興味あれば是非一度足を運んで
報告しておくれ。  
では、また


テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/03/19 15:01 | デザインCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

osaka

osaka

30歳を目前に控えいままで敬遠してきたブログを
今更ながら始めようと思った29歳の今日この頃です。

はじめましての挨拶と共に軽い自己紹介らしきものを
長崎生まれ、大阪育ち。
約半年前に上京し現在東京で奮闘中のデザイン坊主でございます。
まあ、少しばかり東京にも慣れてきたということで
この度ブログデビューしてみました。

記念すべき第1回目のアップしたものはOsaka。
約28年間過ごしたOsaka。
梅田近辺の開発も進んでるんだろうなぁ。
今は結構恋しいです。じきに慣れちゃうんだろうか。まあわかりません。

今回アップしたこの「Osaka」という書体。
よくよく考えるとなかなか不思議とは思わないですか?
実際、印刷物等にはなかなか使われていないし、
(まあ、特殊な文字とかで出番はあるんですが)。
ただ視認性が高い日本語書体ということで
パソコンには標準装備されていると思われます。

何が不思議かというと
存在自体は明確な理由があるのだけど
TokyoやJapanではなくなぜ「Osaka」なのかなぁと・・・。
調べるまでは思わなかったのですが摩訶不思議なところも
Osakaらしくて良いのかもしれないなぁ。
知っている方いたら是非教えてください。




テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/03/16 20:51 | デザインCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。